Fラン大学生が就職活動終了後にやるべきでないこと【警告】

こんにちは、人生マガジンです。


前回の記事では、Fラン大学生が就活終了後にやるべき3つのことを紹介しました。


今回の記事では、Fラン大学生が就職活動を終了してからやるべきでないことを紹介します。言い換えれば、「就職活動が終了したら有意義に時間を過ごしなさい」ということです。

やってはいけない3つのこと


就活が終了してから入社式があるまでに、やってはいけない3つのことを紹介します。(結論、それら3つをやると時間を浪費してしまう)

動画配信サービスやオンラインゲームの長時間利用


YouTubeやHuluなどの動画配信サービスは、とても面白いです。特にYouTubeは、あなたの興味のある動画が次々に表示されるので、時間があっという間に過ぎます。

あー、時間があるからYouTube見よう。→マジで水溜りボンド面白すぎ→タックーって誰だ?→えなりかずきの物まねマジで面白すぎ→アシタノワダイとかフェルミ研究所とか楽しいな→永遠と続く


時間があるからYouTubeを5分間だけ見るのは大変危険です。「あなたへのおすすすめ」や「関連動画」が次々表示されて、動画をついついクリックしてしまいます。


そのため、時計を見ると3時間経過していることも珍しくありません。また、スマートフォンのオンラインゲームも、時間があっという間に過ぎます。


YouTubeなどを見るなとは言っていません。またスマホゲームもしてはいけないとは言っていません。


「目的も何もなく長時間見ると時間があっという間に過ぎる」ということを伝えたいだけです。

夜更かしで昼に起きる


夜更かしをして、昼に起きるのはNGです。ただし、誰もがその道をたどった経験があるかと思います。

●健康的な生活(夜11時に寝て、朝6時に起きる)

●不健康な生活(深夜3時に寝て、昼の11時に起きる)


夜更かしをしてはいけない理由は、夜更かしをしながら作業をすると、生産性が大きく下がるからです。


また、夜更かしをして昼に起きた場合、すごく疲れる経験をします。そのため、夜更かしはデメリットしかありません。


参考:「アクシア 睡眠不足による生産性の低下は想像よりもずっと深刻である


また、昼に起きると「午前中の時間を夜更かしをして取り戻さなくちゃ」と多くの人が考えます。それが悪循環につながります。


睡眠時間はあまり変化しないので、一見すると夜更かしは悪いようには見えません。しかし、生産性が大きく下がり、プライベートでも情緒不安定になってしまうため、規則正しい生活を送ることが大切です。


夜更かしをする→生産性が下がる→普段よりも時間を多く費やしてしまうという悪循環に陥ります。

SNSの頻繁なプライベートUP


FacebookやLine、インスタグラムなどのSNSの頻繁な利用は、時間を浪費してしまいます。


また「いいね」の数を比較したり、コメントを気にしすぎる可能性があるため、頻繁に使うことは、オススメしません。


ただし、食事の写真を投稿するだけに使用したり、ビジネスのためにSNSで発信することは、時間の浪費でもありません。


また「いいね」やコメントを常にチェックする場合、既にあなたの集中力は切れています。


たくさんつぶやいたり、写真をUPした結果、それを気にすることによって、10分で終わる作業が、20分もかかってしまったなんてことが起こりえます。

●朝のトイレでスマホチェック→20分経過

●食事中にスマホチェック→90分経過

●寝るときにスマホチェック→60分経過


スマホチェックをすればするほど、あなたの時間はどんどんスマートフォンに吸い込まれます。


スマートフォンでSNSをするのもいいですが、ほどほどにしましょう。

結論、時間を有意義に使え


多くの大学生は、就活が終わってから入社式までの時間を、変なことに使ってしまいます。Fラン大学生だからこそ、時間は有意義に使いましょう。

遊びまくれのアドバイスは半分不正解


就活が終わった学生に対して、ほとんどの社会人はこう言うはずです。「学生のうちに遊んでおけ」


ただし、それをうのみにしてしまうのは危険です。多くの場合、学生の遊びは次のようなものがあります。

●飲み会

●ナイトクラブでオール

●キャバクラ通い


別に、飲み会やナイトプールに行くなとは言いません。ただし、それだけだと何かもったいない感じがします。


遊びまくることで、何か次に生かせることはありますか?おそらく10回も20回もナイトクラブに行ったところで、何も得られるものはないでしょう。


そればかりか、遊びまくることでお金がジャンジャン出ていきます。お金を使うのはいいですが、建設的な使い方だとは言えません。


そのため、「学生の時にしかできないことをしておけ」というアドバイスのほうが正しいと感じます。


実際、会社員でも休日は遊びまくれるはずですから(会社・部署による)

社会人でも自由な時間は多いけど


多くの学生は、社会人は自由な時間がないと思っているかもしれませんが、意外と時間があります。(会社・部署による)


社会人は自由な時間が多くあります。
ただし、大学生のほうが圧倒的に時間があります。


社会人の自由な時間は次の通りです。

●土日・祝日・お盆・年末年始(私の会社は年間124日前後)

●有給休暇(5日以上取得が義務化)

●朝起きて出社するまで、家に帰って寝るまで



ただし、学生のほうが圧倒的に時間があります。時間がありますが、社会人に比べて使える金額が少ないのが欠点です。

●土日・年末年始

●夏休み(7月下旬から9月中旬)、春休み(1月下旬から4月中旬)

●自主休校

●朝起きて大学通って、家に帰って寝るまで、空きコマ


年間休日120日以上よりも最強の休暇が学生には与えられます。またFラン大学生の多くが自主休校をして毎日が夏休み化しています。


また大学4年生で、取得しなければいけない単位がなく、ゼミの単位だけの場合、ほぼ大学に行かなくてもいいことになります。


そのため、長期休暇を利用して閑散期の時期に、海外旅行をすることができます。閑散期なのでとても安く海外旅行ができます。


GWやお盆、年末年始にしか長期休暇を取れない社会人とは違い、大学4年生はうらやましい限りの長期休暇が与えられます。


そのとても貴重な時間をYouTubeやニコニコ動画で潰してしまっていいのでしょうか。


よくよく考えて、時間を有意義に使う必要があるようです。


上の記事は、実際にフィリピン旅行で経験したことです。大学4年生の時に訪れた海外はとても有意義なものになりました。

結局お金、やっぱりお金


なんだかんだいって、時間があってもお金がないのが大学生です。なので、有意義な時間の使い方は、アルバイトをしまくることですwww


アルバイトは時間の切り売りかもしれませんが、初任給に匹敵する月20万円がまるまる入るのは最強です。


1か月休みなしで働いた場合、30万円をまるまる手にできます。親の保護下にあるぶん、税金があまりとられないので、社会人よりも最強です。


社会人の場合、初任給が30万円なんてありえませんし、初任給20万円で手取り16万円がほとんどだと思います。


その中から、生活費を差し引くと月10万円貯金できればいいほうだと思います。


なので、やっぱりお金、やっぱりお金なのです。副業もいいですが、アルバイトは即金性と確実性があって最強です。