家庭の事情でFラン大学に入学はあり得るのか?【言い訳が下手すぎる】

こんにちは、人生マガジンです。


前回の記事では、Fラン大学をなくす現実的な方法を解説しました。


今回は家庭の事情でFラン大学に通うことはあり得るのかを解説します。

Fラン大学生の本当の事情

東大脳ならFランに行かない

もし東大レベルの実力があれば、Fラン大学には行かないはずです。


自分の実力が東大レベルなら、東大に受かるはずです。


また、家から近い大学がFラン大学しかなく、下宿するお金が出せないから、Fラン大学にしか進めなかったという言い訳もおかしな話です。


「家庭の事情で近くのFラン大学に通っている」という話をよく聞きますが、それは言い訳です。


本当に家庭の事情であれば、Fラン大学に入学しないで、高卒で働きます。


なんでわざわざ家計が苦しいのに、400万円払って将来性のないFラン大学に通うのでしょうか?理解不能です。

特に将来性のないFラン大学や美大、芸大のようなところにお金を借りてまで行ってしまうと将来が本当に悲惨です。卒業と同時に数百万の借金を背負い、フリーターになってしまうという人がごろごろいます。私の知人にもいたりします。定職に就いていないフリーターの賃金だと月額1万とかでも結構しんどいです。

(参考:年収アップ.jp「高い学費を払ってまで大学に進学する必要はあるのか。」


それに、周りの高校生はFラン大学以外の大学に普通に通っているはずです。


すごく山奥でない限り、下宿しなくても、Fラン大学にしか通えないことはありません。


周りの高校生がFラン大学ではない大学に進学できたなら、その人もFラン大学じゃない大学に入学することは物理的にも可能です。


しかし、全く勉強していないのでFラン大学にしか入学できません。


周りの環境のせいにするのではなく、自分の努力不足から目をそらすべきではありません。

無利子の奨学金制度が使えるはず

大学に通うお金がなくても、成績優秀者であれば、私立大学でも返済不要の奨学金が支給されます。


そのため、成績優秀者は、学費を払うことなく、大学を卒業することが可能です。返済不要の奨学金制度のある大学をまとめてみました。 

⚫早稲田大学

「早稲田大学が独自に設置している学内奨学金は、おおよそ100種類。そのすべてが返済不要の【給付】奨学金で、学外奨学金(日本学生支援機構や民間団体等)との併用が可能となっています。(小野梓記念奨学金や紺碧の空奨学金など)」

(参考:早稲田大学奨学課「早稲田大学の奨学金(学内奨学金)」

⚫慶應義塾大学

「慶應義塾大学は成績優秀者を対象とした奨学金、家計状況が急変した際の支援、地方出身者や海外でのグローバルな学習活動への支援など、学生のニーズに対応するさまざまな奨学金を用意しています。すべて返済の必要のない給付型の奨学金です。(三田会記念大学奨学金や学問のすゝめ奨学金など)」

(参考:奨学金[慶應義塾]「慶応義塾大学独自の奨学金」

⚫上智大学

「国内外の篤志家から提供され、それぞれの篤志家の意向に適合すると認められる正規生の学部または大学院生に給付される奨学金です。出願制と推薦制があります。(上智大学篤志家奨学金など)」

(参考:上智大学 キャンパスライフ「上智大学篤志家奨学金」


⚫中京大学

「全学部において、「前期日程A方式3教科型」合格者の中から、入学試験結果および出願書類を審査の上、決定します。(235名)(中略)入学金・授業料・教育充実費・スポーツ科学部特別施設設備費を給付します。

(参考:中京大学「入試成績優秀者給付奨学金」


合格者のなかの優秀な成績の人しか、私学の特別な返済不要の奨学金は受け取れません。


しかし、成績優秀者であれば私学に入学したとしても、返済不要の奨学金で卒業することは可能です。


そのため、「授業料が払えないから、Fラン大学にしか通えない」というのは見苦しい言い訳です。


授業料が払えないのなら、Fラン大学には入学できないはずです。


そのため、お金がなくてFラン大学に通うということは基本的に起こり得ません。なんでもお金のせいにして、自分の努力不足から逃げているだけです。

家から近いところで選んだ

家から近いからという理由だけで、Fラン大学を選ぶ学生も多いです。


「(本当はもっと学力があるけど)家から近いほうがいいから、たまたま近くにあったFラン大学にした」という言い訳をする学生もいます。


先程も説明した通り、家から近いだけでFラン大学を選ぶのは間違っています。


「家から一番近い大学にした」という浅はかな考えでは、周りの人間からバカにされます。


そういう思考停止状態の人間だから、Fラン大学にしか入学できなかったといえるでしょう。


もし本当に成績が良ければ、家から一番近いという理由だけで、経歴を汚すFラン大学を受験しません。


家から一番近い大学が国立大学や有名私立大学の場合、「家から近いからFラン大学を選んだ」という言い訳は通用しません。

家庭の事情にしたい理由

勉強できない言い訳

勉強しなかったという自分自身の結果を責められないために、家庭の事情にすり替えるFラン大学生が多すぎます。


家庭の事情でアルバイトをして学費を稼いでいるMARCHG以上の学生に失礼です。

●「学費を払うために深夜の夜勤バイトをせざるを得ず、体調を悪化させながらも働いている。体調が悪化し大学の授業を休まざるを得ないときもあり、学生生活に支障をきたしている」(立教大学大学院・経済学研究科)

●「バイトを週5で行っており、体力・睡眠時間ともに削られてしまうため、学習時間がほとんど取れない。授業中も眠い、集中できない。栄養ドリンクの量が増えている」(上智大学・ドイツ語学科)

(参考:BUSINESS INSEDER「1日食費300円、週5バイト、大学除籍も…大学生ら6000人中3割が仕送り・小遣いゼロの現実」


勉強しない結果、Fラン大学にしか入学できなかったのは当たり前です。


家庭の事情に置き換えることで、「自分は何も悪くない」「悪いのは勉強しろと言ってこなかった社会だ」と思いたいのでしょうが、カッコ悪いだけです。


小学校・中学校・高校と学ぶ機会はたくさんありました。


時間が平等に分配され、皆が同じ授業を受けれる環境が整っているのに、勉強しなかったのは自業自得です。


また、今まで勉強してこなかったのなら、今から勉強すればいい。手遅れかもしれませんが、何もやらないそこら辺のFラン大学生よりはるかにマシです。


大学生になって遊ぶことができる特権を持つのは、きちんと大学受験で偏差値の高い大学に進学してきた人たちだけです。


勉強してこなかったFラン大学生は、今まで勉強しなかった分、大学入ってからでも勉強するべきです。


勉強しないFラン大学生に対しては、誰も救いの手を差し伸べてくれません。

他人のせいにしたいから

Fラン大学生は他人のせいにしがちです。他力本願で自分で変えようとしないところがすごく問題です。


他人のせいにすると人間気が楽です。
なぜなら、自分が悪くないと思いたいからです。


受け身の人に多いのですが、「自分は誰かに言われてやっているのだから、自分のせいではなく言った人の責任である」という形で人のせいにする人もいます。この場合、とにかく自分は言われたことをやる、という受動的な立場をとって、できる限り責任を逃れようとしていることが多いです。

(参考:マイナビウーマン「人のせいにする人の心理と対処法」


Fラン大学生に多いのが、「スマートフォンやインターネットがあるから勉強できない、マンガが面白いから勉強できない、就職活動で本気出せばいいから今は遊んでいたい、学歴フィルターはないから大学選びは適当でいい」といったようなものです。

管理人である私が大学受験生の時は、高校生の夏から携帯電話(スマートフォン)は電源オフのままで、インターネットもBBCNEWSしか見ませんでした。水泳部の大会が終わったのが高校3年生の夏で、遅いスタートになりましたが、なんとか中堅私立大学に合格できました。


「スマートフォンがあるなら、電源オフにすればいい、パソコンが気になるなら、全部英語か中国語表記に変更してしまえばいい、就職活動で本気になればいいなら、今本気を出してほしい、学歴フィルターがないのは都合のいいネットニュースの情報だから気をつけろ。」


他人のせいにしたい高校生と大学生に伝えたいメッセージです。
「自分の道は自分で考えて進め」

Fラン行かないで働けよ

Fラン大学にしか行けないようであれば、働くべきです。ただし、中堅私立大学以上の学力があるならそこに入学したほうがいい。


あくまで「Fラン行かずに働け」という対象者は努力もしないFラン大学生に対してです。


大学卒という肩書を得るため、働くのを数年先延ばしたいために、Fラン大学を選ぶのは間違っています。


大卒の肩書があっても、Fラン大学なら経歴に泥を塗るようなものです。どうせ大卒の肩書を得るなら、Fラン大学より偏差値の高い大学に入学すべきです。


高卒で働くのもいいじゃありませんか、私の周りの友達も高卒で働いている人が大勢います。


家庭の事情にしたいFラン大学生は、今すぐにでも勉強するべきです。そうしないと、正社員になれないまま引きこもり人間になる可能性が高まります。


勉強をして少しでも周りのFラン大学生と距離を置くようにしましょう。

日本人の平均年収は500万円から350万円といったところですが、Fラン大学卒業生の場合は年収200万円にも満たない場合があります。これは初任給ではなく、ある程度キャリアを積んだうえでの年収です。最近の大学新卒の平均年収が200~230万円であることを考えると、Fラン大学生の将来はかなり暗いものであると言わざるを得ません。

(参考:Fラン.com「Fラン大学卒業生の典型的な人生の末路3パターンまとめ」


大学に入ってからきちんと勉強すれば、就職活動に本気で取り組んでいない一流大学生相手でも戦えます。


勉強すれば知識が広がります。いかに勉強しない自分がバカだったかと実感できます。


Fラン大学生は勉強してください。勉強しないと最底辺の生活しかできなくなります。