ホリエモンの100万分の1の人材で就活を突破せよ!【1万時間の法則に拘るな】

こんにちは、人生マガジンです。


今回は、就活生は1万時間の法則にこだわるよりも、「100万分の1の人材」になるべき理由について解説していきます。


100万分の1の人材という言葉は聞きなれないかもしれませんが、この記事を読めば、あなたが今持っているスキルが活かせるかもしれません。

■目次

・100万分の1の人材とは
・100万分の1の人材は価値が高い理由
・あの有名人も100万分の1の人材だ

・まずは自分のスキルを書き出してみよう
・3つを組み合わせてオンリーワンを探す

100万分の1の人材を目指すべき理由

100万分の1の人材とは

100万分の1の人材とは、ホリエモンが提唱するオンリーワンになるための戦略のことを言います。

「まず、対象や分野は何でもいいということを念頭に置いてください。そこで『100人の中で1番になる』ことを考えるとどうでしょう。頑張れば何とかなれるものが見つかるのではないでしょうか。その『100分の1』の要素を自分の中で3つ見つければいいんです。そして、3つを掛け合わせれば『100万分の1』になれます。

参考:本が好き「ホリエモンが語る『100万分の1』の人材になる方法」


「TOEIC900以上」という特技だけでは、他の英語が得意な就活生と差別化できません。「教えるのが上手い塾講師のアルバイト」という実績だけでは、他の塾講師のアルバイト経験のある就活生との差別化はできません。「海外に半年間交換留学をしていました」だけだと、他の帰国子女と同じように埋もれてしまいます。


しかし、「TOEIC900点以上」「海外に半年間交換留学経験あり」「教えるのが上手い塾講師のアルバイト」という3つを組み合わせてみると自分だけの強みが見えてきます。


勝手な想像かもしれませんが、英語学習者のなかでTOEIC900点以上を取れる人は100人に1人もいないでしょう。同じく半年以上交換留学した人も、教えるのが上手い塾講師のアルバイト経験も同じような割合だと仮定します。


するとどうでしょう!TOEIC900点以上で、海外留学経験あり、教えるのが上手い塾講師のアルバイト経験ありの場合、100分の1×100分の1×100分の1で理論上は100万分の1人の人材に生まれ変わりました。


ただの普通の就活生が希少性の高い人材に生まれ変わることができました。


ただし、TOEIC900点以上の半年間海外留学経験ありの教え方が上手い塾講師の場合だと、1万人に1人ぐらいの割合でいる可能性があります。しかし、希少性が高いことは間違いありません。


これがホリエモンの提唱する100万分の1人の人材が最強だと言われている理由です。

100万分の1の人材は価値が高い理由

三つのスキルを掛け合わせることで、他の人がマネをすることが難しくなるので、自分だけの特別なスキルとして活かせることができます。


仮に塾講師や私立中学や私立高校の英語の先生を目指す場合、「TOEIC900点以上です」だけだと、周りの就活生と差をつけることができません。それだけでなく、面接官から印象を持ってもらえないデメリットもあります。


しかし、塾講師として評判が良かったことや、海外留学経験があることもアピールするとどうでしょうか?現地の生きた英語を学んできた教え方の上手い英語のできる人と思われることができます(本人の伝え方次第によります)。


仮に今後、海外駐在で活躍したい場合、「英語力だけでなく、塾講師としてのスキルを将来のマネジメント力として生かしていきたいと考えています」といったように答えれば、説得力がある発言に生まれ変わります。


このように自分のスキルを三つ組み合わせることで、自分の能力と可能性が高いことを相手に納得してもらいやすくなります。


面接官が「採用したい」と思うようなスキルを過去の実績として複数取り上げれば、面接を突破することができます。


100万分の1の人材の強みがわかっていただけたでしょうか?

あの有名人も100万分の1の人材だ

みんなが知っているような有名人も100万分の1の人材をもつ人が多いです。


具体例をいくつか取り上げます。

・福山雅治(イケメン×歌手×実力派俳優)
・堺正章(司会者×歌手×隠し芸)
・鈴木福(人気子役×左利き×YouTuber)
・大阪なおみ(プロテニス選手×2ヶ国語を話せる×マネジメント力が高い)
・タックー(100万人越えYouTuber×ラッパー×モノマネ)


ここでは、福山雅治さんを取り上げていきます。


福山雅治さんがアサヒスーパードライに起用された理由は、イケメンで大勢を熱狂させる歌声があり、NHKドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬を演じた国民的スターであり、他の人にはマネできない特技を持っているからです。


イケメンは大勢います、歌が上手い人も大勢います、俳優も大勢います。しかし、イケメンで歌が上手くて、俳優という人はあまりいません。


仮に福山雅治さんがただのイケメンだったのであれば、アサヒスーパードライのCMに起用されることは絶対にありませんでした。


実際にアサヒスーパードライのCMを見たことがある人ならわかりますが、福山雅治さんがライブをする迫力のある映像が採用されています。


福山雅治さんは知名度もありますし、イケメンでライブ活動をしていて俳優となると、福山雅治さんぐらいしか思いつきません(矢沢永吉はライブ活動をしているイケてる男かもしれませんが、俳優ではありません、それでも日産のCMに採用されています)。


特にアサヒビールのような大手ビール会社はブランドが命ですので、そのブランドにピッタリな男性を起用しようとした場合、福山雅治さんが一番ベストだと判断したと考えられます。

100万分の1の人材を目指す具体的ステップ

まずは自分のスキルを書き出してみよう

あなたも自分のスキルを3つ組み合わせて100万分の1の人材になれます。


けれども、「スキルを書き出せ!」と言われても、どういうスキルを書き出せばいいのかわからないと思います。


そこで、具体例として自分が指導した準大手の某化学企業から内定を獲得したA君のパターンを紹介します。

A君

・HSK4級(中国語試験で理系大学入学レベルの学力)獲得
・TOEIC700以上
・中国に6回旅行に行った


HSK4級(中国の理系大学に入学するための最低条件)に合格して、TOEIC700以上で、中国旅行に何回も行ったという学生はレア人材です。


その某化学企業は、中国に支社があり、中国語を使いこなせる学生を欲しがっていました。


しかし、英語を話せる学生は一定数いますが、中国語を使いこなせる学生となると激減します。


その結果、「是非この学生を採用したい」ということで、内定を獲得することができました。

A君のように、あなたにも何かスキルがあるはずです。スキルがないと嘆いているのであれば、無理やりでもスキルを書き出すべきです。

・演劇に取り組んで人前で堂々と発表した
・南アフリカ共和国に旅行に行った
・アンケート調査を学年単位で実施した
・陸上部で県大会の予選に出場した
・部活のホームページを立ち上げた
・電化製品の修理が得意


ただし、よくあるようなスキルの場合(100人中50人以上が持っているスキル)の場合、それはスキルとは言えません(ただし例外もあります)。

・日本人
・日本語
・性別(男性・女性)
・大学の単位を落とさなかった


例外として、外国で就職する場合、「日本人」と「日本語」はものすごい武器になります。


なぜなら、外国は国柄によりますが、日本よりも真面目に仕事をしない人が多く、真面目に業務に取り組んで、責任感のある日本人は重宝されます。


また、日本語が喋れるので、現地の日本人学校であれば、生きた日本語を教えられるという特技を生かせることができます。


ただし、ほとんどの就活生が日本で就職するので、日本人だったり、日本語が話せるぐらいのことはアピールすべきではありません。

3つを組み合わせてオンリーワンを探す

先ほど書き出した3つを組み合わせて、自分だけのオンリーワン人材になりましょう。どうでしたか?


私もスキルをいくつか書き出してみました。組み合わせて使えそうなものがないか考えていきましょう。

・面接のプロ
・ブログ運営
・コンサルタント
・水泳が得意(小中高と水泳三昧)
・英語が話せる
・HSK3級(日常会話レベル)
・日商簿記3級
・フィリピン、アメリア、中国に旅行経験あり


ここでは、上の3つが使えそうだと判断しました。


そのため自分の場合は、「面接のプロ」「ブログ運営者」「コンサルタント」という3つを武器に活動した方が、オンリーワンに近い活動ができると考えています。


3つを組み合わせても、スキルがバラバラだと役に立たないと思うかもしれませんが、スキルがバラバラな方がオンリーワン人材になりやすいです。


具体例を取り上げてみます。

・中国語(普通語)が話せる
・広東語が話せる
・上海語が話せる


上のスキルは確かにすごいことかもしれませんが、上海や香港、広州(広東語地域)に住んでいる中国人であれば、複数の中国語を話せる人は珍しくありません。


それよりも、違う分野のスキルを持っていた方が、希少性が高くなります。

・中国語(普通語)が話せる
・日本の標高の高い登山はほとんど制覇した
・学生時代に会社を立ち上げた


先ほどの複数の中国語を話せることよりも、希少性が高いことがわかります。


仮にそのような学生がいた場合、登山用品を取り扱う会社や地図制作会社から内定をもらいやすくなります。


特に中国に進出していたり、これから進出予定の企業の場合、将来の駐在要員として期待されます。


先ほどの3つのスキルから、「私には行動力があります」と言われれば、誰だって「あー確かに、だって過去に結果を出しているもんね」と思います。牛丼皿洗いのアルバイト経験があるだけの学生が同じ土俵に上がることは不可能です。


まずは紙とペンを持って、自分のスキルを書き出してみましょう!


もしも「自分で見つけられない!」「自分は今まで何をやってきたんだ!?」「このままだとノースキルで大手全滅だ!」というのであれば、私と一緒に考えていきませんか?


私の豊富な知識を生かして、あなたが面接官から「採用されたい!」と思うようなスキルとエピソードを一緒に考えていくこともできます。自分の運命を変えたいのであれば、まずは下のQRコードからLINE登録をお願いします。


※人生マガジンの運営者(就活のプロ)が就活指導をしております。

就活で運命を変えたい!就活で後悔したくないという気持ちがあれば、まずはLINE登録をお願いします。各種プランに関しての相談も受け付けております。(LINEのID検索かQRコードで登録できます。)

コチラの記事に詳細を載せてあります。

LINE ID yarukiswitch555
名前 人生マガジン
QRコードは下から