【実体験】英語力を上げるには修羅場と知的好奇心が必要不可欠

こんにちは、人生マガジンです。


あなたは英語が話せますか?
英語が話せる人は人生の選択肢が増えます。


しかし、中学、高校で英語を学んだにも関わらず話せる人はごくわずかです。
また多くの人が挫折してまた再度挑戦して挫折するものは英語と言われています。


今回は、自分が英語を使いこなせるようになったきっかけや、人生感が変わった経験をお伝えします。

英語が喋れない国は日本


大部分の日本人は英語が喋れません。
そこで、英語が喋れない原因を見ていきます。

日本=世界の現実


日本人は、日本=世界だと勘違いしている人が大勢います。


実際に私も大学生になる前は、日本が発明したものが海外に広まっていると考えていました。世界の流行も日本が先だと思っていました。


その勘違いの理由として、日本の情報しか取り入れていなかったからだと思います。その当時は、YouTubeの視聴も当たり前ではありませんでした。

テレビや新聞などの日本人が書いた日本語の情報源だけで過ごすと「日本=世界」という感覚になってしまいます。


日本に住んでいると、特別な場合を除いて、英語を使わなければいけない場面に遭遇しません。日本という国のなかでビジネスが成り立ってしまうため、英語の重要度は高くありません。


日本は幼稚園から大学、さらには社会人になってからも母国語の日本語で事足ります。そのため、他の国に比べて英語が重要視されません。


しかし、そのような国は日本だけです。フィリピンの公用語の一つはタガログ語ですが、小学校の教科書やきちんとした職場で使われている言語は英語です。


もちろん現地では母国語であるタガログ語も話されていました。しかし、日本では考えられませんが、英語が出来ないと職業が制限されるという現実問題がフィリピンには存在します。


そのため、きちんとした教育を受けている子供たちは、小学校1年生の時点で真剣に英語の勉強に取り組んでいます。

間違いに厳しい保守的な国民性


日本人の大部分が英語が出来ない原因は、間違えることを極端に恐れる文化だからです。代表的な例が「ハラキリ」だと思います。


「ハラキリ」つまり切腹は、「自分が失敗したら自分の命と引き換えに責任を取る」というリスクのありすぎる考え方です。


もちろんそのような考え方のおかげで、忠誠心を高めることができたのかもしれません。しかし、命がかかっていると間違いを犯すことを必要以上に恐れます。


そしてハラキリ文化は無意識のうちに、あなたのDNAに刷り込まれています。また間違いを怖がる人だけではなく、間違いを指摘する人が多いことも、日本人の大きな特徴です。

あなた「I think I will go to the restaurants two days ago.」(私は2日後にそのレストランに行こうと思います。)

日本人の知り合い「 will は未来形だけど、この場合は「話している時点でそれがすでに決まっていた場合」だから、be going to にするべき。あと、ago じゃなくて later にしないとおかしい。この文章は、単数形だから restaurant にしないとおかしい。」

あなた「あーあ、指摘された。英語マジでだるい。」


参考:「英語学習で世界をもっと身近に DMM英会話BLOG willとbe going to ちゃんと使い分けてる?学校じゃ教えてくれない微妙なニュアンスの違いとは」 


英語を話して間違えたときに、その間違いを指摘してくれるおせっかいな人が多すぎます。その結果、英語を話すことをためらう人が多くなります。


そのため、日本人は他のアジア人に比べて英語で間違えた回数が少なくなります。失敗した経験が少ないから、英語が出来ない人が多いのです。

英語の先生すらも怪しい現実


学校の先生も英語が怪しい人が多いと思われます。注意したいのは、ここでいう英語が怪しいとは、細かすぎる文法ではなく、外国人とコミュニケーションをとることが怪しいことを指します。


おそらく、英語の細かい文法を世界中で一番よく知っているのは、日本人の英語の先生だと思います。ただ、日本人が日本語の細かい文法を全く気にしないように、英語圏の人は日本人以上に英語の細かい部分を気にしていません。

高校生の時に文法の解説が詳しすぎる先生に出会いました。しかし、総合的にみて英語ができたかといえば、そうではありませんでした。


あなたが授業中に細かい英語の文法の間違いを指摘してくれた英語の先生が、実は英語でコミュニケーションをとることができないなんて、バカバカしいと思います。(受験英語なので、英語の間違いを指摘してくれるのはありがたいことですが)


そのため、文法に詳しすぎる英語の先生よりも、文法や英単語を全く気にしなかった帰国子女のほうが、総合的にみて英語力が高かった記憶があります。

自分の英語遍歴


自分の英語の歴史です。今では英語が話せるようになりましたが、中学1年生の時は英語はボロボロでした。

Nice to meet you. でつまづいた過去


私は中学1年生の時のとても簡単なテストで Nice to meet you. が書けませんでした。なんて難しい文章なんだと感じた記憶があります。


また「Magic Box」という教材を英語の授業で取り上げた際に、事件は起こりました。

話は長くなるので省略しますが、簡単に言うと「Magic Box」はどんな願いでも3回までなら叶えてくれる魔法の箱です。

しかし、「Magic Box」でしょうもない願いを2回叶えてしまいました。さて、どのような願いをすれば周りのみんなが納得するでしょうか。

模範解答例として、「I want a magic box. 」が教科書では取り上げられていました。


先生「さあ、みんななら、どうするかな。」

私「(書き書き)I want 10,000 boxes. 」

それを見たやんちゃな男子「お前、どんだけ欲深いんだ、マジで○○だな」


詳しくは覚えていませんが、こんなようなことを言われました。別に嫌がらせでもなんでもないのですが、このような否定的な意見を言われて、やる気が下がってしまいました。


そのため、中学では英語の成績は良くありませんでした。


本来の英語の学習方法である、間違いを指摘しないで、褒めて伸ばすという勉強方法ではなかったからだと思います。

大学受験で3か月で偏差値30代から60代に


音読をすれば英語の成績が上がると先生に言われたので、毎日30分間英語の教科書の音読をしていました。しかし、一向に英語の成績は上がりませんでした。


そして、高校4年生の11月30日に駿台模試の英語の成績が悪いのが親に知られました。そして、国公立大学ではなく、私立大学を目指すことを決意します。


私立大学を目指すことにした際に、英語の成績をどうすれば上がるのか死ぬ気で考えました。センター試験まで2か月を切っていました。


そういう絶体絶命の状況のなかで次のような考えがひらめきました。

「なんで英語の成績が伸びなかったのか、それは嫌々英語を勉強していたからだ。ちゃんとした英語が学びたい!日本人が作った嘘くさい英語ではなくて、英語の本場であるイギリスの英語の文章を読もう。」


毎日死ぬ気で10時間以上「BBCニュース」の英語の記事を読んだり、ニュース映像を6割ぐらい理解できるまで繰り返し飽きるほど見ました。


その結果、わからない英語やいろいろな人の英語の会話だったとしてもビクともしない強靭な精神力が身に付きました。


またそれだけではなく、英単語を1500個、英熟語を800個近く2か月で覚えました。


その結果、なんと駿台模試の英語の偏差値30代から、関関同立レベルの英語の偏差値60以上じゃないと入学できない大学に合格することに成功しました。


また英語ニュースのおかげで、センターの英語のリスニングでもボロボロだった点数が半分近くまでとれるようになりました。

あるYouTube動画がきっかけで


大学でも英語を勉強していましたが、英語で海外に行きたいという思いがなかったので、あまり英語力は伸びませんでした。


しかし、大学4年生の頃にYouTubeの動画で「カジノのさいころゲームの攻略法」を知りました。それがきっかけで、実際にその攻略法が有効かどうか確かめたくて、カジノのある国に行きたいという思いが高まりました。


カジノのある国は日本の近場だと、中国のマカオやフィリピン、シンガポール、アメリカなどがあります。


フィリピンは物価が安く、最低掛け金が安いという理由で、またアメリカはギャンブルの聖地であるラスベガスに行きたいという理由で、その2つの国に行くことを決意しました。


大学4年生の12月の初め頃に、一人でフィリピンに海外旅行に出かけました。

修羅場を乗り越えたら話せた話


修羅場を経験すると人間は大きく成長できます。

初めての一人旅行フィリピンのマニラ


フィリピン航空の飛行機で隣に座ったフィリピン人女性に話しかけられた時の出来事です。これが伏線だとは思いも知りませんでした。


「あなたは英語が話せるからいいけど、初めての旅行で一人でマニラに行くのは危険すぎるわ」とフィリピン人女性言われました。


私の親戚のおじさんが「自分の一人娘がマニラに行くとなったら全力で止める。」と言うぐらい、日本より治安が悪いのがマニラです。

マニラの空港警察に尋問される


フィリピン旅行で命の危険を感じたのは、タクシーで間違えてニノイアキノ国際空港の第二ターミナルの2階の出発ロビーで降りてしまったことが原因です。


アサルトライフルを持った2人の空港警察に囲まれて、「お前は羽が生えているからここから飛び降りろ」と冗談っぽく言われました。

私「I took mistake getting off the station by taxi , so I want to go back my hotel.」(タクシーで降りる場所を間違えた、私はホテルに帰りたい。)

空港警察「You have wing , so You can do.(羽が生えているから飛び降りれるだろ。)


空港警察に「ジョークだ」と言われたときには心臓が止まる寸前でした。その後、手招きしてくれた空港タクシーに乗って、ぼったくられるのですが・・・。


ただ、空港警察官に必死に英語で自分の立場を説明したこと、さらには、ぼったくりタクシー運転手と30分以上、英語で会話したことで自分の英語力が大きく向上しました。


人間は修羅場を経験しないと英語力が伸びないのだなと感じました。

英語が喋れないと英語圏で生き残れません


英語が最低限話せないと、英語圏では生き残れません。これは私が実感しました。(英語が話せてもいろいろ被害にあうのですが・・・)


アサルトライフルを持った空港警察官の「お前には羽が生えているから、ここから飛び降りろ」や「ジョークだ」といった英語が聞き取れないと、最悪おかしな行動をとってしまう可能性があります。


手招きしてくれたタクシーの運転手には、相場の5倍以上の値段でぼったくられました。英語で仲良くなれたので、まあ車内の中は比較的安全でしたが・・・。

運転手「Why did you go to Manila ?」(なぜマニラに来た?)

私「I do not know. I have no plan.」(自分でもわからない。旅行プランはない。)(カジノだなんて口が裂けても言えない)

運転手(小指を立てて)「I think your purpose is women. You can・・・」(どうせ、女遊びだろ。一晩たった1500ペソだぜ。)

私「I am Christian , so I can not do it.(キリスト教徒だからできない。)


もし英語が喋れなかったら、険悪なモードのなかで射殺されていた可能性があります。(空港タクシーなので比較的安全だと思いますが・・・)

英語の目的は何でもいい


英語が話せることで命の危険も感じましたが、同時に世界の面白さも体験することができました。


初めてのカジノデビューでは、バカラとブラックジャックで1万円近く溶かすのですが・・・。


それでも英語が話せて海外旅行が楽しめてよかったと感じました。英語が話せなかったら海外旅行にすら行こうと思わなかったかもしれません。


英語が話せるというだけで、人生が広がるのです。実際に自分もフィリピンに行って日本の生活がどれだけ恵まれているのかを実感しました。

カジノに行きたいが英語の勉強の原動力


私の場合、カジノに行くことが英語の勉強の原動力になりました。


人によっては観光したいとか、海外に駐在してみたいとかで英語を勉強しているかもしれません。


忘れてはならないのは、自分が本気で海外で何か成し遂げたいと思えば思うほど、いろいろな壁にぶつかって、成長することで英語力は伸びるということです。

外国人の恋人が最強の勉強法


外国人の恋人がいると英語力は飛躍的に伸びると思います。もちろん前提として、恋人が英語圏であり、かつ彼女が日本語があまり得意でないことですが・・・。


恋愛の炎は恐ろしいもので、英語を最速でマスターできると思います。ただ、英語の表現不足でそれぞれが誤解を生むことになり、修羅場になる可能性もあります。


なかなか外国人の恋人を見つけるのは難しいとは思いますが、機会があれば挑戦してみるのもいいと思います。修羅場の経験も英語力向上に役立ちますwww